1980年のJJ

1980年のJJ 人気絶頂の山口百恵が三浦友和との結婚を機に芸能界を引退しました。
NEWS ・巨人軍・長嶋茂雄監督辞任。
「男としてのけじめをつけたい」チーム不振の責任を取り、現役17年、監督で6年間着ていたジャイアンツのユニフォームを脱ぎました。
親会社の読売新聞社にはファンの抗議が殺到し、これをきっかけに購読を打ち切った人もいたほど。
監督在任6年のうち2回のリーグ優勝で立派な成績でした。

・巨人軍・王選手引退。
王貞治選手が現役引退を発表。ONをともに失うことを恐れた巨人側は必死の慰留を行い、藤田元司監督の新体制のもと、"助監督"という役割を与えました。

・ジョン・レノンがニューヨークの自宅前で熱狂的なファンにより射殺。
アメリカ・ニューヨークの路上で、元ビートルズのジョン・レノンが暴漢に銃で撃たれ死亡。享年40歳。
犯人の25歳の青年、マーク・チャップマンは熱狂的なレノンファン。
家の前にはl000人以上のファンがその夜のうちに集まり、涙混じりに「イエスタデイ」等ヒット曲を大合唱しました。

TREND ◇松田聖子デビュー!
松田聖子が「裸足の季節(三浦徳子作詞・小田裕一郎作曲)でデビュー、新人として大健闘。
2作目の「青い珊瑚礁」((三浦徳子作詞・小田裕一郎作曲)は、9月がら10月にかけて大ヒットし、"アイドル"として定着、「ポスト百恵」の地位を獲得しました。

◇"たのきん"トリオ登場。
武田鉄矢扮する熱血金八先生と現代中学生との交流を描いた「3年B組金八先生」が大反響。
そのなかで生徒役の田原俊彦、野村義男、近藤真彦の3人がそれぞれの名字1文字をとった"たのきん"トリオとして10代の女の子に大人気!
田原・近藤はそれぞれ曲をヒットさせ、主演映画「スニーカーブルース」も大入満員でした。

関連記事

ページ上部へ戻る